資産運用

資産運用

資産運用のキホン⑧-FXって何?どう投資するの?

資産運用のキホン⑧-FXって何?どう投資するの?

皆さん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。

今回は、FXについて解説していきます。前回、外貨預金について解説しましたが、

外貨預金とFXは一体何が違うのか、また資産運用ではどのように利用すべきか解説していきます。

 

■外貨に投資する点は外貨預金と同じ

FXは外国為替証拠金取引と呼ばれ、証拠金をもとに外貨を売買し利益を稼ぐ方法です。

基本的には、外貨に投資して利益を得る仕組みは外貨預金となんら変わりありません。

全く異なる点は、FXは証拠金をもとに売買すること。

証拠金を口座に入金することで、そのお金の何倍もの(日本では最大25倍)取引ができるようになります。

これをレバレッジ取引と言います。例えば、100万円を口座に入金した場合、最大2500万円分の外貨を購入できることになります。

そのため、やり方次第ではレバレッジをきかせて利益を大きく得ることも可能です。

ただし、手元にあるお金以上に投資ができるため、裏を返せば損失も大きくなる可能性があることを理解しておかなければなりません。

利益確定、損切りをうまく利用できる方はFXも使い勝手が良いと言えるかもしれません。

 

■一部の証券会社、FX専業会社などで利用可能

FXは一部の証券会社、FX専業会社などで利用できます。

FXは外貨を購入するほか、外貨を売るという視点からも売買できるため、円安、円高いずれでも利益を得ることが可能です。

また、外貨預金の利息に相当するスワップポイントがつくため、外貨購入時にはスワップポイントが得られ(得られない場合もあります)、

コツコツスワップポイントをためて収益を稼ぐことも可能です。

FXの良い点は、売買手数料が無料のケースも多く、無駄なコストがかからない点です。

最大25倍まで取引ができるといいましたが、例えば入金した金額と同じ額までしか外貨を購入しなければ外貨預金となんら変わらないにもかかわらず、

コストの面で有利に運用可能です。そうしたやり方もあるため、FXは怖いといったイメージは払拭すべきかと思います。

ただし、理性が保てることが重要です。理性が保てなくなり、どんどん投資し儲かるといった心理に駆られると最後は損失発生になりかねません。

その点は注意して、やり方を工夫すればFXも資産運用の一手段として利用できると考えるとよいでしょう。

 

より詳しい投資の話が聞きたい方は、是非セミナーにお越しください。

 

セミナーを確認する

関連記事