ライフ

ライフ

本物のお金持ちの特徴って?偽物との見分け方は?

本物のお金持ちの特徴って?偽物との見分け方は?

「本物のお金持ち」と聞いて、どんな人を思い浮かべるでしょうか。

金額で言えば年収2,000万円を超えたあたりから「富裕層」と定義され、一定水準以上の暮らしをおくっていると言われています。

しかし、その生活や身なりは決して派手なものではなく、地に足をつけた人がほとんどです。

今回の記事では、お金持ちの年収や特徴について、また本物のお金持ちになるための考え方や習慣についてまとめてみました。

 

■お金持ちの年収は…?

Businessman displaying spread of cash

お金持ちというと、どのくらいの年収があるイメージでしょうか?

ゆとりある生活だなと実感できる年収は、2,000万円をこえたあたりからだといわれています。

 

▼年収1,000万円はお金持ちとは言い難い?

日本では一般的に年収1,000万円以上あると、お金持ちというイメージが湧く方も多いかもしれません。

しかし、実際には税金や社会保険料、厚生年金を差し引いた手取り額が、600~650万円となることがほとんどです。

家族構成など、状況によって手取り額は変化しますが、想像したようなお金持ちではないと感じるのではないでしょうか。

また、年収1,000万円を超えると、以下のような優遇措置が受けられなくなります。

 

  • ・配偶者控除の適用が受けられない

  • ・児童手当が特例給付になり、受取額は減少

  • ・高校の無償化から外れてしまうなど

 

このように年収1,000万円は、お金持ちというイメージとは少し違うようです。

 

▼本当のお金持ちの年収は?富裕層の資産はいくらくらい?

ゆとりがあると実感できるのは、年収2,000万円を超えたあたりからといわれています。

また、野村総合研究所によると「富裕層」および「超富裕層」の定義は以下の通りです。

 

  • ・富裕層:負債を差し引いた資産で1億円以上5億円未満

  • ・超富裕層:負債を差し引いた資産が5億円以上

 

参考:https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/1221_1

 

■本物のお金持ちの特徴と偽物の見分け方

guys in mens club

ここでは、本物のお金持ちと偽物の見分け方について見ていきましょう。

注目したポイントは次の3つです。

 

  • ・見た目は質素、シンプルな服装を好む人が多い

  • ・資産の多くを不動産投資に費やしている

  • ・友人や知り合いにもお金持ちが多い

 

▼見た目は質素、シンプルな服装を好む人が多い

お金持ちというと、派手な高級ブランド品を全身に身につけているイメージがあるかも知れません。

しかし、本物のお金持ちといえる人ほど、オーソドックスなファッションを着こなしている傾向にあります。

その理由として、見かけの華やかさではなく「自分」で勝負していることが挙げられます。

変な演出をする必要がないことを理解しているのに加え、周りにも見た目で人を判断しない人たちが集まっているといえるでしょう。

 

▼資産の多くを不動産投資に費やしている

年間所得4,000万円以上にかかる所得税は、なんと45%。住民税を合わせると、収入の55%を税金として納めなくてはなりません。このため多くのお金持ちが、節税を兼ねて不動産投資をおこなっています。

不動産の建物部分は減価償却の対象です。

そのため、経費として確定申告の際に計上すれば年間の家賃収入と差し引きでき、所得を賢く抑えられるでしょう。

また、相続税の対策にも使えるため、多くのお金持ちが不動産投資をするのにも納得がいきますね。

 

▼友人や知り合いにもお金持ちが多い

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、お金持ちの友人や知り合いにも同じような人が多いようです。

そのため、「気がついたら周囲の友人はお金持ち」ということもあるのでしょう。

 

■本物のお金持ちになるには?

Successful man sitting under money rain

本物のお金持ちになるためには、お金持ちになった人の普段の行動をまねることがもっとも効果的だといわれています。

ここでは、お金持ちの普段の行動とはどのようなものか見ていきましょう。

 

▼スケジュールは、休暇の予定を入れてからおこなう

仕事で十分なパフォーマンスを活かすためには、きちんと休むことが大事です。本物のお金持ちの多くは、仕事のスケジュールを立てる前に休みの予定を入れています。

この記事を読んでいる方の中にも休暇の前には、不思議と仕事を終わらせている人が多いのではないでしょうか。休暇を先に入れるというのは、理にかなっている方法といえますね。

 

▼早起きして、自分のための時間を確保する

本物のお金持ちは家族が起きる前に早起きして、リフレッシュのための余暇時間に充てている人が多いようです。

早朝は誰にも邪魔されることのない時間であるほか、頭が非常に冴えている時間でもあります。

自分だけの自由な時間を「意思決定」や「自己投資」に充てることで、日中の生産性を向上させているといえるでしょう。

 

▼食事や運動に気をつかい、健康を大切にする

本物のお金持ちの人ほど健康や体調管理に気を使っています。

病気やケガをすると仕事に支障をきたすほか、入院となれば収入減に直結するでしょう。

食事や運動に気をつかい、健康を大切にすることがもっとも経済的で優れているのをお金持ちは良く知っているのです。

 

■本物のお金持ちと偽物の見分け方をチェック

今回の記事では、「本物のお金持ち」についてお伝えしました。

単に収入がある人を指すのではなく、生活面や健康管理などに高い関心を持って過ごしていることがわかるでしょう。

また、相続対策のために不動産投資をはじめとした資産運用にも積極的です。

日々の暮らし方やビジネス感、それにお金に対する価値観は、普通の私たちにも見習える部分が多くありそうですね。

 

レアルエージェンシーでは、個々に応じた資産形成や資産運用、節税対策の方法をお伝えするマネーセミナーを実施しています。

当社ライフコンサルタントがご要望や状況に合わせたオーダーメイドプランを作成し、独自のライフシミュレーションを活用して丁寧にご案内致します。

対面、オンラインのいずれでも対応可能ですので、ぜひこの機会にご検討ください。

マネークリエイトラボ

MONEY CREATE LABのお申し込みはこちら

セミナーを確認する

関連記事