資産運用

資産運用

東京のマンション経営をお勧めする理由4つ

東京のマンション経営をお勧めする理由4つ

「東京のマンション経営をお勧めする理由4つ」について解説をしていきたいと思います。

 

何を隠そう、私自身が東京都内に投資用マンションをいくつか所有しています。その理由の一つは、なんといっても日本の首都であり、今後も地域によっては人口増が期待できるからです。人口減少が進む日本国内において、人口増がまだ期待できる地域はそう多くはありません。ただし東京都内だけに的を絞れば、まだまだ人口増加が見込める地域は数多くあります。そのため、最初に投資すべき地域としてはやはり東京からが無難でしょう。

 

二つ目の理由としては、東京圏だけに的を絞ってみた場合、2030年ぐらいまで一人暮らしが増加する見込みとなっているという点を挙げることができます。一人暮らしが増えるということは、東京ではワンルームなど一人暮らし向けの需要はまだ増加する余地があり、空室になる可能性を低くすることができると期待できます。そのため、一人暮らし向けに的を絞るとよいでしょう。

 

三つ目の理由としては、好不況に左右されずに家賃をコツコツ得ることができること。地方都市の場合、どうしても年数が経つと家賃もそれに応じて下落する傾向にありますが、東京の場合には家賃を引き下げずに一定の価格を保つことができる可能性が十分あり、場合によっては家賃の引き上げも可能です。

 

四つ目の理由としては、資産価値が保てる可能性が高い点です。都心に的を絞るなど、不動産投資のコツをつかめば、資産価値をある程度保ったうえで家賃で十分投資金額を回収していくことも可能です。

 

最近の人口動態として、都心回帰の傾向が強まっています。職住近接という言葉があるように、特に東京では時間を大切にしながら生活する傾向が強まっているのです。こうした状況からかんがみれば、世界で見ても有数の巨大都市といえる東京で不動産投資を行うことは理にかなっています。ただし、場所選びが重要です。期待できる場所はどこなのか、こうした具体的な内容については、セミナーでじっくりお話しできたらと思います。

セミナーを確認する

関連記事