資産運用

資産運用

不動産特化型クラウドファンディングの解説

不動産特化型クラウドファンディングの解説

「不動産特化型クラウドファンディング」について解説を行っていきたいと思います。不動産投資といっても様々な方法があり、その1つにこの不動産特化型クラウドファンディングがあります。一体どんな方法なのでしょうか?

 

不動産特化型クラウドファンディングとは、不動産に投資を行うクラウドファンディングです。そもそもクラウドファンディングとは、多くの投資家から資金を集め、その資金をもとに事業を展開したり融資を行ったりする方法であり、不動産特化型はその資金をもとに不動産に投資を行います。

 

この仕組みを利用することで、少額からでも不動産投資が行え、投資した額に対する分配金を受け取ることができます。分配金は、家賃収入を主として支払われます。

 

例えば、この仕組みを利用して、空き家を改装し有効活用するといった方法や個人ではなかなか手の届かない投資価値のある物件(例:1棟)に投資を行うことが可能となります。

 

個人投資家からみた不動産特化型クラウドファンディングのメリットは、なんといっても少額投資から可能な点でしょう。1口1万円など少額でも不動産投資を始めることが可能であるため、とりあえず不動産投資をやってみる最初の一歩としてはよいと思います。また、様々な資産を組み合わせる際に、その一部として不動産特化型クラウドファンディングを活用し分散投資を行う面でもメリットはあると思います。

 

ただし、こうしたクラウドファンディングの場合、期間を区切って投資を行います。そのため、長期間同じ物件に投資ができるとは限りません。また、分配率もあらかじめ設定されているため、それ以上を期待することは難しいです。

 

中長期的に同じ物件でコツコツ家賃収入を得て所有権も確立したい方、家賃収入だけではなく売却益を狙って大きく投資したい方は、マンション一戸などの不動産投資の方が向いているといえるかもしれませんね。

セミナーを確認する

関連記事