保険年金

保険年金

あなたは大丈夫?生命保険の見直しをしないと損をする理由とは?

あなたは大丈夫?生命保険の見直しをしないと損をする理由とは?

生命保険に加入している人の中には、今の保障で本当に良いのか不安を感じている人もいることでしょう。人生いつ何が起こるか分かりません。もし、加入している生命保険の保障について悩みを持っているのであれば、1度見直しを検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、生命保険の見直しをすべき理由について解説していきます。

ライフスタイルの変化によって加入すべき保険が変わってくる

人生には、さまざまなライフイベントが待っています。結婚や出産、住宅の購入、退職、老後などです。このような出来事が起きると、人生の流れは大きく変化します。したがって、生命保険の保障内容についてもライフイベントごとに変えていかないと、保障が足りなくなったり、多すぎたりといった問題が発生します。

例えば、独身期は自分の身だけを守れれば問題はない時期といえるでしょう。そのため、加入する生命保険は自分の生活が守れる最低限の生命保険に加入していれば良いと考えるかもしれません。しかし、結婚すれば配偶者の人生についても考える必要が出てきます。また、出産をすればさらに家族が増えることになりますから、自分の生活だけを守れば良いというわけにはいかなくなります。したがって、自分にもしものときがあったときに家族が今の生活を維持できるような生命保険に加入する必要が出てくるのです。

さらに、子供が独立した後も保険の見直しは必要です。子供が独立をすれば生活の面倒を見なくて済むわけですから、不要な保険は解約しないと無駄な保険料を支払うことになります。また、年齢を重ねれば退職することになりますから収入も減少します。そのため、老後の人生に向けて加入している保険の見直しをすることになるでしょう。

このように、ライフイベントの発生は保険の見直しのキッカケになります。もし、見直しをしないまま放置しておくと、さまざまな悪循環を生むキッカケになるので注意が必要です。

更新型の保険の加入は気をつける必要がある

生命保険には、更新型の保険があります。更新型とは、保障期間が設定してある保険でその期間が経過すると、契約を更新していくというものです。加入した当初は、保険料も安く設定されるのでお得であるというメリットがあります。

しかし、更新型の保険にはさまざまなデメリットが存在します。まず挙げられるのが、更新されるごとに保険料が上がっていくということです。一般的に生命保険は、加入したときの年齢が若いほど保険料は安くなりますが、更新型の場合は保障期間が過ぎるとまた新しく契約し直すというのを繰り返すことになります。

したがって、契約時の年齢が上がることになるので更新するごとに保険料は上昇します。場合によっては、更新後の保険料が更新前の保険料の2 倍以上になることもあるため注意が必要です。

さらに注意したいのが、更新型の保険加入時に病気になったときです。生命保険に加入するための条件の1 つに健康があります。健康状態が良くないと生命保険に加入することは難しいため、健康なうちに保険の加入を検討するというのは非常に大切なことです。しかし、更新型の保険に加入している状態で病気をすると、他の保険に切り替えるのは困難になります。したがって、保障を得るために保険には加入しておきたいが保険料は上がり続けるから支払いは困難なるという状態になってしまいます。更新型の保険に加入しているときは、更新時に保険の見直しを検討した方が良いといえるでしょう。

疑問を持ったら見直しを検討してみよう!

生命保険の見直しのタイミングは、ライフイベントの発生や生命保険の更新時期などが目安になります。しかし、加入している生命保険に不満や疑問があれば、それも見直しのタイミングになるかもしれません。

保険の見直しをしないままにすると、無駄な保険料を支払ったり、保障が足りなかったりといった問題が起きる可能性があります。気になる人は、1度見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

セミナーを確認する

 

 

セミナーを確認する

関連記事