保険年金

保険年金

生命共済や医療共済、掛け金は本当に安いの?

生命共済や医療共済、掛け金は本当に安いの?

生命共済や医療共済、掛け金は本当に安いの?

万が一のことがおこったときに備えて、「生命保険」や「医療保険」などへ加入しておくことは、とても重要です。

保険へ加入していれば、とても安心して生活を続けられるでしょう。

保険と似たようなものとして、「生命共済」や「医療共済」というものがあります。

入っている・入っていないは別として、名前を聞いたことがあるという人は多いはずです。

そして「共済」については、「掛け金が高いんじゃないのか?」という声が、ときどき挙げられます。

本記事では共済にかかる掛け金について、詳しく解説します。

 

そもそも「共済」とは何か?

掛け金について理解すため、まずは「共済」が何なのか、理解しておきましょう。

共済とは、一言で言えば「参加している人(組合員)が少しずつお金を出し合って、何らかの保障に役立てる」というものです。

たとえば生命共済の場合、組合員が少しずつお金を出し「死亡した際の保障となるお金」を集めます。

そして組合員の誰かが保障対象となった場合、集まったお金から保障がおこなわれます。

要するに「みんなで少しずつお金を出し合って、困ったときはそのお金で助け合おう」というものです。

また、「共済は営利目的の組織ではない」という点も重要です。

生命保険や医療保険は、保険料によって利益を出す「営利団体」。

しかし営利目的を持たない共済は、保険料などで利益を出そうとはしていません。

 

生命共済の掛け金は安い? 高い?

結論から言えば、生命保険の保険金は、比較的安いと言えるでしょう。

生命共済は、生命保険と比較されることの多い共済です。

そして生命保険と生命共済の掛け金(保険料)を比較したとき、明らかに安くなります。

なぜ生命保険と比較して安くなるかというと、「儲けようとしているか?」という点が答えと言えるでしょう。

先ほども触れたとおり、生命保険や医療保険は一企業にしかすぎないので、利益を出す(儲かる)ことが目的です。

しかし、生命共済は営利目的がともなっておらず、「利益分の負担」が組合員に生じません。

実際には、保険と比較して月に数百円から1,000円程度安くなるケースが多いようです。

というように生命共済の掛け金は、比較的安いと言えるでしょう。

ただし、人によっては「生命共済の掛け金も高いと感じる」かもしれません。

本当に生命共済が必要なのかどうかは、状況や経済力などを総合的に考えたうえで決める必要があります。

 

[PR]保険には様々なものが存在。実は保険の中にも資産になるものが…すべてはFPが無料でお答えします、コチラから⇒

 

医療共済の掛け金は安い? 高い?

医療共済の掛け金も、やはり比較的安いと言えます。

理屈としては生命共済とまったく同じです。

ただし、重度の「がん」や特定の病気に対して、保障がなされない傾向もあるので注意しましょう。

 

共済に加入するメリットとデメリット

前述の通り、共済の掛け金は決して高くありません。

共済に入れば保険会社を利用する場合よりも、コストパフォーマンスが高まるというのは、よくある話です。

とはいえ共済へ加入することには、メリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットを把握して、加入するかどうか慎重に判断しましょう。

 

共済に加入するメリット

・掛け金が安い
・決算次第では「割り戻し金」が支払われる
・年齢による掛け金の違いがなく、シンプル
・保険会社と比較して審査がイージーである
・値上がりすることは、ほぼ考えられない

全体的に「リーズナブル」であることが目立ちます。

さらに重要なのは「割り戻し金」の存在です。

割り戻し金とは、一言で言えば「決算したら余ったから、お返しします」という形で入ってくるお金のこと。

あくまでも決算の内容次第ですが、掛け金が安い上にお金を戻してもらえるケースもある、ということです。

 

共済に加入するデメリット

とはいえ、共済へ加入することについて、デメリットがまったくないわけではありません。

以下のようなデメリットがあることは、知っておく必要があります。

・一生にわたって保証されているわけではない
・死亡保障の内容が充実していないケースは多い
・共済に関する毎年の制度見直しで、保障内容が落ちるケースがある
・保険のように、自由なカスタマイズが効かない

全体的に「値段が安いぶん、融通は効かない」という性格が見受けられます。

融通が効かないことをどれだけ受け入れられるかが、「加入する・しない」を決めるうえでひとつのポイントとなってくるでしょう。

 

まとめ

共済の掛け金は、決して「高い」と言われるようなものではありません。

むしろ営利目的がある各種保険と比較すれば、安い傾向すらあります。

「掛け金が安い」というのは、保険ではなく、共済へ加入することを検討するうえで、十分すぎるほどのきっかけと言えるでしょう。

とはいえ、「共済は、すべての面において保険よりもすぐれている」というわけではありません。

やや融通が効かない、保障内容が弱くなるといってデメリットも持っています。

いずれか一方を過信せず、「自分にあったほうを選ぶ」というのが、重要となるでしょう。

 

[PR]共済に関してはお分かりいただけましたか?保険は様々で、●●●を持つことだけで、自動的に保険を持つことができるものがあります。それは…?

セミナーを確認する

関連記事