保険年金

保険年金

生命保険を見直そう!家計に必要な保険とは?

生命保険を見直そう!家計に必要な保険とは?

生命保険は死亡した際にお金がもらえるという制度です。自分が死亡した際に家族がお金で困らないようにという思いから入っている人もいます。中にはたくさんの保険に加入している人もいますが、複数の保険に加入していることで家計を圧迫してしまうことも少なくありません。加入している保険を見直すことでお金を節約することもできます。生命保険は本当に必要なのか見直してみましょう。

 

生命保険に入る目的を考えよう

生命保険というのは自分が死亡した後に家族へお金を残すための制度です。自分がいなくなることで経済的に困窮する家族がいるのであれば加入した方が良いでしょう。しかし、独身の人や結婚したことはあるけれど配偶者はおらず子どもも独立しているというような人は生命保険に入る必要がありません。本来、保険というものは困った際に利用するものです。もちろん、突発的な事故や病気を心配して保険に入るのは悪いことではありません。税金対策として生命保険に加入している人もいます。しかし、事故や病気専門の保険というものも存在します。どうして保険に加入しているのかを考え、本当に必要な保険のみ加入する方が良いでしょう。

 

生命保険の保障額を見直す

多くの生命保険は保障額をいくら支払うか選ぶことができます。保障額は収入や家族構成だけで判断するものではありません。保険の対象者が死亡した後に残された家族がどれだけのお金を必要とするかを考えて決める必要があります。そのため保障額は人によって全く異なる金額になるのです。人間が一人減るため、必要な生活費は少なくなります。保険の対象者が死亡した後に必要となるお金をベースにどれくらいの生命保険が必要かを計算することが大切です。生命保険の見直しは定期的に行い、保障内容の確認や保障額の変更を行うと良いでしょう。例えば、子どもが社会人になれば保険対象者が死亡した後に必要な生活費は少なくなると考えられます。そのため、保障額を減らしても問題ないということになるのです。

また、多数の保険に加入している場合は特約を見直すことも大切です。生命保険の契約内容は会社ごとに違いますが、ほとんどの会社がオプションとして特約が付いています。特約は選んで付けることも可能です。特約の中には医療保障や傷害補償などが付いていることもありますが、生命保険とは別に医療保険などに加入している場合は必要ありません。複数の保険に加入している場合、この特約が重複していないかや必要の無い特約が付いていないかなどを見直すことも大切です。

 

生命保険を見直すタイミングは?

生命保険は残された家族のための保険です。そのため結婚や子どもの出産などで家族が増えたときは必ず見直しが必要になります。また、子どもが社会人になり家を出た場合や配偶者との離婚や死別で家族が減った場合も見直しが必要です。特に生まれたばかりの子どもがいる人と高校卒業した子どもがいる人では保険対象者が死亡した後に必要な生活費も大きく違います。他にも、転職や独立、配偶者の就職や離職などで世帯収入が大きく変わった場合も生命保険を見直す必要があります。収入が減ったのであればそれまで支払っていた保障額では生活を圧迫する可能性があるためです。また、結婚や出産などの大きなイベントの際には生命保険の保障額だけでなく受取人の見直しなども必要となります。独身のときに両親を保険の受取人にしていたという人は結婚後は受取人を配偶者や子どもに変更する必要があるのです。

 

家族のことを考えて見直そう!

生命保険を見直す上で一番重要なことは残された家族が生活に困らないかどうかです。生命保険に加入している目的をはっきりさせることで必要なものと必要でないものを明確にすることができます。生命保険の契約内容によっては自分や家族に必要の無いものが付いていることも珍しくありません。保障額は増やしたり減らしたりすることができますので、必要な物だけを残すようにすると良いでしょう。

セミナーを確認する

関連記事