資産運用

資産運用

株式投資の危険性

株式投資の危険性

近年では日本の経済状況が多少回復して来たと言われていますが、まだ将来の見通しは不透明なので、経済的な不安を感じている人は大勢います。そのような人たちの中には、自分の資産を投資によって増やし、将来の不安に備えたいと考える人も少なくないでしょう。そのための手段として注目されているものの一つが株式投資なのですが、それにはいくつもの危険性があります。ここでは、その株式投資の危険性について説明します。

株式の価格は変動しやすい

株式投資の危険性としてまず挙げられるのは、株式の価格は常に変動するという特徴があるため、値下がりしてしまう恐れがあるという点です。この危険性のことを、価格変動リスクと呼ぶことがあります。その常に変動するという特徴は、株式投資を行う人なら当然理解しておく必要があることで、プラスにもマイナスにも働くものです。株式投資で利益が得られるのは、自分が取得した時の価格よりも高くなった時に売却出来た時なので、株価は変動しなければ意味がないものだとも言えるでしょう。その反対に、元の価格よりも低くなった時に売却してしまうと、当然損失を被ることになります。そのような性質から、株式投資はギャンブルに例えられることもあります。ただ、株式投資がギャンブルよりも恐ろしいと言えるのは、儲けられる可能性が100%と言えるほど、全くなくなってしまう可能性があることです。株価が大きく値下がりしてしまい、例え今後上がったとしても、もう取得した時の価格を上回ることが期待出来なくなったような場合には、確実に損失を受けることになってしまうのです。

 

株式を売りたくても売れない場合がある

株式投資の危険性として次に考えられるのは、自分が株式を売りたいと思った時に、売れなくなってしまう可能性があることです。この危険性は、流動性リスクと呼ばれています。株式投資において、株式は売却して初めて利益を得ることが出来るのですが、売却するには購入する人の存在が必要なことは言うまでもないでしょう。その株式を購入したいという人が常にいるとは限りません。例えば、自分が株式を持っている企業に何らかの問題が生じたなどの理由で、その企業の株価が大幅に下がってしまっている時には、損失を少しでも少なくするために、取得した時より低い価格でも売却したいと考える人が多くなります。しかし、そのような企業の株を、リスクを承知で購入しようと考える人はそう多くないでしょうから、買い注文が売り注文よりもはるかに少なくなります。そのような場合には、取得した時よりもずっと低い金額でしか売却出来ないばかりか、売買自体が行えなくなることさえあり得るのです。

 

会社の経営状況の悪化によって株式の価値がなくなる場合がある

株式投資の危険性の中でも最も深刻だと言えるのが、株式の価格が下がるどころではなく、その価値そのものがなくなってしまう恐れがあるということです。そのような危険性を、信用リスクと呼ぶこともあります。例えば、ある企業で大きな不祥事が発覚したり、思いもよらない大きなトラブルが発生したりすることで、経営状況が急激に悪化してしまうことはないとは言えません。そのような場合には、当然株価が大幅に下落してしまうことになりますが、それだけであれば、例えある程度の損失を受けたとしても、株式を売却することによりいくらかの資産が戻ってきます。しかし、その企業が倒産してしまったら、持っていた株式の価値は全くなくなってしまいます。株式を売却出来る可能性がゼロになるので、株式投資に使った金額の全てが損失になってしまうのです。

 

株式投資よりも不動産投資の方が危険性が少ない

株式投資には上で挙げたような危険性があるので、一般の人が資産運用として行う場合には、それらに対する覚悟を持っておくことが肝心です。そのような株式投資と比較すると、不動産投資は危険性が低いので、一般の人でも始めやすい資産運用の方法だと言えます。不動産は株式とは違って、価格の変動がそれほど大きくありませんし、問題が起こることにより、全く価値がなくなるということはまず考えられないからです。

 

 

セミナーを確認する

 

 

セミナーを確認する

関連記事