資産運用

資産運用

つみたてNISAと一般NISA30代、40代はどっちに加入するべきか?

つみたてNISAと一般NISA30代、40代はどっちに加入するべきか?

皆さん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。

皆さんはNISA投資は行っていますか?もし行っているとしたら、つみたてNISAと一般NISAどちらを利用していますか?どちらを利用した方がよいのかよく聞かれますので、お答えしていきたいと思います。

正直どちらでもよい

結論から言いますと、正直どちらを使ってもかまいません。ただし、何を目的に利用するかで異なってきます。例えば、60代以降の老後資金形成として利用するのであれば、つみたてNISAの方がよいでしょう。最長20年間の間に売買して得た利益が非課税となるため、コツコツ毎年40万円積立投資し、20年後には投資金額800万円になっています。もちろん、運用結果次第でこの資金が増える可能性があり、老後資金対策として活用できます。

一方、短期売買で増やしていきたいという方や、5年後の資金対策をしたいといった方には、一般NISAが向いています。こちらは非課税期間が最長5年間、年間の投資金額上限が120万円であるため、5年以内と決めて売買すれば良いのです。

皆さんの投資目的がどういったものなのか、今一度考えてください。そして、その目的に対して、どのぐらいの期間運用できるのか考えてみてください。その期間にあった投資を検討していくことで、つみたてNISAか一般NISAのどちらを利用したら良いか決まってくると思います。

なお、こういった使い方もできます。今年は一般NISAで、来年はつみたてNISAにする。例えば、短期も中長期もいずれも資産形成をはかりたいといった場合には、例えば、交互に利用していくといった方法もありです。こうすることで、20年後を視野に入れて行うことも可能ですし、5年後を視野に入れることも可能です。ただし、年の途中で交互に行うといったことはできませんので、ご注意ください

[広告] 有名FPが読み解く今後の資産形成とは

セミナーを確認する

関連記事