副業

副業

副業 治験による副業術

副業 治験による副業術

様々な技術の向上等により、年々日々の生活の利便性は高まっています。これは普段使う機械や電化製品といったものだけではありません。薬ひとつとっても新しい薬が出たり、さらに効きやすい薬が出ることで、これまで難しいといわれた病気も今では治る病気となってきています。この背景には、その薬が本当に効くかどうか、安全性で問題がないかどうかといった治験が行われ、そのデータをもとに薬は開発されているのをご存じでしょうか。

今回の副業は、この治験に参加して収入をゲットする方法です。治験とは一体何なのか解説していきます。

有効性と安全性を確認する

治験は、薬の有効性と安全性を確認する手段です。様々な方に治験に参加していただき、薬の候補をもとに病気や症状が改善されるかどうか研究を行い、問題がなく効き目があるとわかることでその後「薬」として世の中で利用されることになります。

法律等で厳格に規定が設けられていることから、治験参加者には十分理解できるような説明があります。そのため、何か怪しいことをされるのではないか、といったことはありません。

治験では謝礼を受け取ることができます。例えば、2泊3日ほどの短期での治験の場合、謝礼金はおおよそ4~8万円+交通費になります。仕事をしながら休日に通院して参加するといった方法もあり、10日ほどの通院で謝礼金は10~15万円+交通費が相場です。中には30泊といった長期での参加といったものもあります。この場合には、謝礼金が50万円~+交通費になります。

ご自身に持病がある場合、治験をもとに効果があるかどうかを試すといったこともあるでしょう。参加基準に該当するようなものがあれば申し込んでみるとよいと思います。

なお、一日中ずっと何かされるといったことではなく、健診時間以外は基本的に自由ですので、パソコンを持ち込んで他の副業をついでにするのもありかもしれません。もちろん、リラックスするために、本を読んだり音楽を聴くのもよいでしょう。

治験も立派な副業です。何よりも人の役に立ちます。副業と捉えるとよりハードルが下がるかもしれませんね

[PR]【会社員の副業が急増!!】 税理士が教える賢い副業の進め方・節税対策

セミナーを確認する

関連記事