副業

副業

副業を始めるにあたって知っておくべきこと

副業を始めるにあたって知っておくべきこと

人生100年時代になってきた現在の日本で、現役の間にもらっている給料だけでは、老後の生活費や結婚資金、子供の養育費などにあてる貯金が足りなくなるかもしれないという不安を抱く人が、増加しています。このような不安を解消する方法として、副業をするということが挙げられます。副業を始める足掛かりとなるように、始める前の注意点と、副業の種類と魅力を説明したいと思います。

 

副業を始める前に注意すべきこと

早速副業を始めてみようと思い立った際に、注意すべきことがあります。それは会社の副業規定です。勤務している職種や業種によって、異なりますが、会社が一部の副業を禁止している場合があります。一般的には、大規模な商業販売や労働時間や勤務態度に支障をきたすような仕事が禁止されています。一方で、インターネットビジネスや投資信託、特許使用料や印税などは株式に関与しない限り認可されます。副業を始める前にどうしても不安な人は、会社の副業規定を人事や経理部に聞いて確認するのも一つの手段です。

 

副業の種類とそれぞれの内容と特徴

副業をはじめるにあたってどの副業を始めるのかということは大きな問題です。それぞれの副業の種類とその特徴を理解したうえで、自分の目的に最も適したものを選びましょう。副業の種類は、主に代行業、クラウドソーシングサービス、インターネットビジネス、投資信託の4種類があります。これらの副業の内容とその特徴について、1つずつ説明します。

まず、代行業とは、誰かの代行として家事や育児を行うことが業務内容です。ハウスキーパー専門の会社に登録して、依頼された仕事を請け負うという方式もあれば、自分個人で行う方式もあるので働き方を自由に選ぶことが可能です。ある程度の家事スキルが求められる場合もありますが、少しずつ家事や育児を学ぶことができるという魅力があります。綺麗好きな人や子供が好きな人におすすめできる副業です。

次にクラウドソーシングサービスというのは、企業や個人から仕事を受注する副業で、音声データの文字起こしやシステム開発などを行います。クラウドソーシングサービスの会社に登録をして、仕事をするという方法が一般的です。本業の終わった後に少しだけ働くというような裁量労働を行うことができるのがメリットです。またインターネット接続環境とパソコンがあればすぐに始めることができます。また、ITやシステム系の会社で勤務している人は、その能力を活かして働くことができます。

3つ目のインターネットビジネスは、広告収入と転売利益をインターネットを介して稼ぐことができる副業です。広告収入は、インターネットブログや掲示板を運営することによって収益を得る副業で、転売利益は安く買ったものに付加価値をつけて高く売るという内容の副業です。どちらも、事業が軌道に乗ればその後は安定して、収入を得ることができるという長所があります。インターネットビジネスもクラウドソーシングサービスと同様に、インターネット接続環境とパソコンがあればすぐに始めることができるので、その点も非常に魅力的です。

最後に紹介する投資信託は所謂、株式投資や不動産投資、FX(外貨取引)などです。最初から一定の資金があり、市場の動向を読んで、株や外貨を売ったり買ったりして、利益を得るという副業です。市場の動きを理解する必要があるので、日ごろから政治や社会問題、企業情報などに興味を持っている人は、それを活用することができます。最近では、FXや積み立て投資、ミニ株など資金が少なくても始めることができる投資信託も存在しています。

 

副業の内容と特徴をふまえてまとめ

ここまで副業の内容とその特徴を説明しました。どの副業もそれぞれの魅力があり、当然デメリットもあります。人によっては、お金よりも拘束時間や、子供の子育ての時間を第一に考えたいという場合もあります。

あなた自身の目的に合致した副業を選ぶことが最も大切です。その時に、どのような副業があるのかを理解し、それぞれの特徴を比較したうえで、選択した副業を始めてみましょう。

 

セミナーを確認する

関連記事