保険年金

保険年金

備えあれば憂い無し!不動産経営で役立つ保険の活用法

備えあれば憂い無し!不動産経営で役立つ保険の活用法

マンションやアパートと言った不動産を経営する際には、将来の年金不安に備え、長期的に家賃収入を得るこ事を目標としています。その途上ではある程度のリスクが生じて来ますが、各種の保険を活用することで安心に繋げることも可能です。災害や不慮の事故に備えるなど、保険には色々な活用方法がありますので、見ておきましょう。

 

保険の対象範囲は広い!

不動産経営に関わるリスクでは、火災の他にも水害や事故などが挙げられます。この一つ一つを各別の保険でカバーするのは大変ですが、実は、上手に火災保険を選べば、これだけで広範囲のリスクをケアすることも可能です。 一般的に不動産賃貸向けの火災保険は、風雪による被害や破損事故などに適用があります。他にも竜巻や豪雪、ガス爆発と言ったリスクに対応があるケースは少なくありません。保険選びの際には、対応するリスクにしっかりと目を通して、費用とのバランスを考えていくことが大切です。 更に、保険商品によっては、色々なオプションを加えることで、カバー範囲を広げることもできます。例えば、床上浸水の場合の補償が挙げられるでしょう。近年はゲリラ豪雨や巨大台風によって、浸水被害が生じることは少なくありません。物件が河川の近くであったり、低地であったりする場合には、要検討と言えるでしょう。 トラブルや事故に関しては、盗難や水濡れに対する補償もセットになっているケースが多いです。盗難は空き巣などがあった場合に役立つもので、水濡れは配水管などの不具合で部屋が水浸しになった時に補償してくれます。他には、暴力行為での破損や、物件の不備によって居住者に損害が生じた場合に対応できるものもあり、広い範囲のカバーが可能です。 また、日本で起こる地震は頻度も高いですし、揺れも強いので大きな災害になるケースが少なくはありません。基本的に地震保険はオプション扱いとなりますが、これは積極的に考えておきたいものです。地震保険に加入しておけば、震災による火災の他に、津波や噴火による損害に備えることができるのも押さえておきましょう。

 

保険に加入する時の注意点

まず、火災保険は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」に分類することが可能で、それぞれに対応範囲が異なります。「住宅火災保険」はスタンダードな火災保険の在り方で、落雷の他に爆発や風災・雹災・雪災を含むことが一般的です。対して「住宅総合保険」は対象範囲が広げられており、人的な事故・事件・暴動による損害や水濡れ被害などもカバーできるようになっています。「住宅火災保険」に加入して、必要性が高い部分をオプションで強化するのも良いですし、「住宅総合保険」を選んで包括的な対処を考えるのも選択肢。費用対効果を考えながら、リスクに備えられる保険を考えていくと良いでしょう。 地震保険に関しては、火災保険とセットで加入することが基本的です。このために、コスト面で心配になる場合もあるかと考えられますが、まずは、自身の建物がどの程度の保険料になるのかはチェックしておくのがおすすめできます。地震保険はリスクの高い都市部では、保険料が高くなる傾向がありますが、地方では比較的リーズナブルです。加えて、物件の安全性によっても保険料は左右されます。建築年数や耐震性に優れているかどうかで、割引対象となってきますので、これは要チェック。思っているよりも費用をかけずに加入できるケースも考えられるでしょう。

 

正しい保険を考えよう

今回は不動産経営において、保険をどのように考えるべきかについて見てきました。不動産賃貸で安定して収益を続けるためには、災害や事故があっても、すぐに立ち直るための対策は重要です。保険を選ぶ際には、どのようなリスクが考えられるのか、それに対してどの程度の備えを用意すべきなのかを見極めることが欠かせません。しっかりと対策でき、かつ、保険料に無理が生じない範囲で検討していきましょう。

 

 

セミナーを確認する

 

 

セミナーを確認する

関連記事