資産運用

資産運用

資産運用のキホン-外国株式投資はどうすればできる?その魅力とは?

資産運用のキホン-外国株式投資はどうすればできる?その魅力とは?

資産運用のキホン-外国株式投資はどうすればできる?その魅力とは?

皆さん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。

日本株式は証券会社、投資信託は証券会社以外にも銀行などでも買える。では外国株式はどこで買えるのだろう?日本に住んでいて外国に行かなくても買えるのだろうか?そんな疑問を持たれる方も多いことでしょう。そこで、外国株式投資をしたことがない方向けに、外国株式投資はどのように行えば良いのか、解説していきたいと思います。

外国株式は、現地に行かなくても買うことが可能なケースが多い

外国株式と一言で言っても、どこの国かによって取り扱いが異なってきます。人気がある国で言えば、米国や中国、アジア各国になるかもしれません。こうした国々の株式は、日本でも購入することは可能です。

株式と言えば証券会社ですから、証券会社に行けばどこでも買えるのか?というとそうではありません。実は証券会社によって取り扱う国や銘柄は異なります。例えば、SBI証券では、米国株や中国株の他、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアといった国で上場する株式の購入が可能です。

こうした海外の個別株式に興味がある場合には、取り扱いがあるかどうかを確認した上で証券会社で口座を開設し売買するとよいでしょう。

なお、わざわざ現地に行き口座を開くという方法もありますが、難しいケースもありますし、言語の壁もあります。そのため、日本の証券会社を通じて売買することが無難です。

なお、海外の個別の株式はADR(米国預託証券)による投資も可能です。ADRとは、米国以外の国で設立された企業が発行する株式を裏づけに、米国で発行される有価証券をさします。あくまで一部の企業になりますが、間接的に投資が可能ですので、こうした方法もあることは覚えておきましょう。

最後に、外国株式投資を行う際には、単純に株価の変動だけではなく、為替の変動も受けることになります。株価が下落し、その国の通貨から見て円高に振れれば損失が膨らむことになりかねませんので為替動向にも注意すべきといえます。為替にも気配りするようにしてくださいね。

セミナーを確認する

関連記事