資産運用

資産運用

東京オリンピック前こそ不動産投資のチャンス!

東京オリンピック前こそ不動産投資のチャンス!

前回の東京オリンピックから56年ぶりの日本開催に伴い、日本経済は大きな影響を受けています。 その中でも、東京で開催される事が決定した2013年以降、不動産価格は上昇傾向にあり、多くの投資家達から注目を集めています。 なぜ、東京オリンピック前の今が不動産投資のチャンスなのか解説していきます。

東京オリンピックに向けてインフラ整備が活発に

不動産価格が上昇する上で重要なポイントは『インフラ整備』です。 東京オリンピック開催に向けて、選手村や競技施設の建設、交通機関の整備、マンションの建設など都市部の開発が急速に進んでおり、その影響を受けて不動産価格が上昇傾向にあります。 そのため、オリンピック終了後の不動産価格の下落を懸念し、不動産価格が高騰している今が売りのタイミングという動きも見られます。 ですが、今こそ買いと捉えている投資家もいます。 晴海地区に開発されている選手村は、オリンピック終了後の2024年を目処に整備され、一万人規模の都市となる開発計画があります。 オリンピック終了後に不動産価格の下落があったとしても、こういった計画が後ろ楯となり一時的な下落だという見解があるため、不動産投資のチャンスという声もあがっているのが現状です。

 

今後10年で訪日外国人の数が大幅に増える

国土交通省は、年間の訪日外国人の数を東京オリンピック開催年の2020年には4000万人、その10年後の2030年には6000万人を目標に掲げています。 それに伴って、交通網の整備や無料公衆無線LAN環境の整備を進めており、都市部の更なる発展が明確になってきています。 2017年には訪日外国人の数が2869万人となっており、2011年の622万人からおよそ4.6倍も増えています。平均すると毎年約400万人増加している計算となり、2020年の4000万人達成も射程圏内にあります。 そのため一時的な下落があったとしても、オリンピック効果以外の要因から不動産価格の回復が見込める状況にあるため、様々な視点から投資のタイミングを考える必要があります。

 

追い風になるアジアヘッドクォーター特区とは

アジアヘッドクォーター特区とは、平成23年度より開始され、港区を中心に臨海地域や渋谷駅周辺などが対象地域となる、東京をアジア地域の業務総括拠点とする外国人企業誘致プロジェクトです。 平成32年度を目標年として、400社以上の外国企業を誘致する目標を掲げています。 そのため外国人移住者が更に増え続ける見込みがあり、賃貸需要が高まる可能性があります。 そうなると不動産やマンション価格の上昇が予想されるため、不動産投資のチャンスと言えるのです。

 

不動産投資のトライアングル

東京オリンピック前の不動産投資への強みには『東京オリンピック』、『訪日外国人の拡大化』、『アジアヘッドクォーター特区』の3つがあるという事です。 全てがほぼ同時進行で行われているため、プラスへの影響は計り知れません。 東京オリンピックでのインフラ整備が進み、利便性が高まった状態を維持しながらの外国人企業の誘致に加え、訪日外国人の数も増える訳ですから都市部の経済の発展は基より、不動産価格への影響があるのは必然とも言えます。 その中でも、現在タワーマンションの建設ラッシュである湾岸地域周辺では、新築マンションの不動産投資に火が付いている状態で、東アジアの投資家達からも注目されています。 今後も東京オリンピックに向けて、不動産や新築マンションの価格は上昇すると見られており、開発の進んだ湾岸地域周辺や駅周辺などの比較的安定した土地を吟味し、不動産投資のタイミングを逃さないことが重要です。

 

 

セミナーを確認する

セミナーを確認する

関連記事