ライフ

ライフ

人生100年時代を迎えるにはどんな働き方をすべき?

人生100年時代を迎えるにはどんな働き方をすべき?

医療の進歩などの影響から、人間の寿命は年々伸びている傾向にあります。65歳が定年と言われていますが、現代の65歳はまだまだ元気な人も多く、そのまま定年退職をして老後を迎えることに不安を抱いている人も多いでしょう。経済的にも精神的にも安定した老後を過ごすためにはどんな働き方をすれば良いのか、そのポイントを紹介します。

 

テレワークの導入で幅広い働き方を検討する

テレワークとは、仕事をする場所や時間に囚われない柔軟な働き方のことです。仕事をしたいけれど通勤できないという人や、勤務先以外の場所にサテライトを置いて幅広い活動を目指す企業などに適しています。自由度の高さが魅力ですが、雇用形態や待遇面などの問題をどう解決させていくかが難点として挙げられています。しかし、働き方改革が進められている中でそれらの問題が解決されていき、テレワーク導入を進めている企業が増えてきました。多様な働き方を実現することで、人材確保ができるという企業側のメリットがあるからです。

加齢とともに体の衰えを感じ、長く働いていくことに不安を抱く人もいるでしょう。しかし、テレワークを導入することによって、今までとは違った形で社会に貢献できるようになるのです。テレワークは在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の3つに分けられるので、自分に適した働き方を見つけておくことが、人生100年時代には必要なことだと言われています。

 

セカンドキャリアを積んでいく

働き方改革やAIなどの技術の進歩により、これから我々人間が働いていく環境はどんどん変化していきます。寿命が延びることでしっかり仕事をしなければと思う反面、社会ではAIが発達して人間が働かなくても良い時代が来る可能性もあります。つまり、今後の人生を生き抜くためには、現在持つスキルよりも更なるスキルを身につける必要があるのです。そうやって自分ができることの幅を広げなければ、仕事を失い、不安だらけの人生100年時代を迎える可能性があります。

人々が企業に依存せず自立できるよう、副業を解禁している企業が増えてきています。「現代では多動力が必要」と言われていますが、様々なスキルを身につけることがいかに重要かを理解している企業は、従業員にすすんで副業をするように呼び掛けているのです。今働いている企業とは別に、新たな仕事に挑戦することで、セカンドキャリアを積んでいくことができます。それが後々独立につながる可能性があるので、現状に満足するのではなく、多動力を身につけていく積極性が必要だと言えるでしょう。

 

雇止めなしの働き方をする

働き方改革が進められていますが、65歳で定年退職と定めている企業はまだまだたくさんあります。若年層を育てていきたいと強く願う企業であれば、60歳で雇止めにする場合もあるでしょう。定年を廃止しようという声も強まっていますが、まだ実現の段階には至っていません。しかし、すべての企業が年齢制限を設けているわけではなく、雇止めなしの企業もあります。中には、65歳で定年を迎えてから個人事業を始めるという人もいるでしょう。働き方は企業がそれぞれ決めているので、労働者が働く期間を勝手に決めることはできません。長い人生の中で、現役期間をもっと延ばしたいと思うのであれば、自分から雇止めのない働き方を考えることも大切なのです。

若い世代とは違い、ベテラン世代は人生経験における知識やスキルをたくさん持っているので、それを社会に活かすことができるチャンスはたくさんあります。自分らしく働けるような仕事を見つけておけば、老後の経済面をカバーすることも可能でしょう。

 

経済面の不安は働き方によって解決できる!

寿命が延びることで、長い老後を乗り切るためのお金に不安を抱えている人がたくさんいます。そんな経済面をカバーするためには、今の企業で働くことだけではなく、老後の働き方も考えておく必要があります。どんなスキルを身につけておくべきなのか、体力が低下した老後でもどんな働き方であればできそうかを踏まえ、人生100年時代の将来設計を考えてみましょう。

セミナーを確認する

関連記事