資産運用

資産運用

資産運用のキホン-個人向け国債って?どう投資するの?

資産運用のキホン-個人向け国債って?どう投資するの?

資産運用のキホン-個人向け国債って?どう投資するの?

皆さん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。

低金利の昨今だからこそ注目していただきたい金融商品があります。それは「個人向け国債」です。特に、リスクは取りたくないけど、普通預金よりは増えるならば投資しても良い。元本割れは防ぎたいという方には向いています。一体どのような金融商品なのでしょうか?

 

■個人向け国債には3種類ある

「個人向け国債」とは、個人に限定して発行される国債であり、額面1万円単位で購入が可能です。10年満期で変動金利のものと、5年満期および3年満期のもので固定金利のもの、3種類の個人向け国債が存在します。

 

<個人向け国債の種類>

 

変動10年

固定5年

固定3年

償還期限

10年

5年

3年

金利の種類

6ヵ月ごとの

変動金利

固定金利

利払いは半年に

1回

固定金利

利払いは半年に

1回

金利水準

基準金利×0.66

基準金利-0.05%

基準金利-0.03%

最低保証金利

0.05%

発行時期

毎月

中途換金

発行から1年経過後は額面金額にて途中換金可能。ただし、直近2回分の利子相当額(税引前)×0.79685の手数料が必要

購入金額

1万円単位

※基準金利は、それぞれ同じ期間の10年利付国債の利回りとなります

 

上記表を見ていただくとお分かりの通り、個人向け国債には最低保証金利があることがわかります。3種類共に最低保証金利は0.05%となっており、普通預金金利からみると高いことがわかります。しかも個人向け国債は日本国が責任を持って借りた資金と金利の支払いを行っていますので、元本割れすることはないといえるのです。

低金利でかつ大幅な物価上昇が見込めない今だからこそ投資商品として魅力があります。仮に物価が大幅に上がるといった場合には、固定金利5年と3年は利子が固定されているためうまみはなくなります。

個人向け国債は銀行や郵便局、証券会社、保険会社等にて購入可能です。1万円から購入可能ですし、個人間での譲渡や相続も可能です。投資の手始めとして、元本割れを防ぎたい方などには魅力に映ると思います。一度検討されてみてはいかがでしょうか?

 

伊藤亮太

関連記事