ライフ

ライフ

大人の男性の理想像とは?

大人の男性の理想像とは?

大人の男性の理想像。雑誌などでみる「大人の男性」という言葉からは、仕事の充実はもちろん、家族を大切にしながら、自分の趣味に打ち込む時間もあり、友人たちと交流する時間もきちんととっている。おしゃれで、体力も知力もあり、何より心の余裕をもって周りの人たちに接することができている。自信をもって人生を生きている…。あなたの思い描く理想の大人の男性像とはどんなものでしょうか?人によって理想とする大人の男性像は様々だと思いますが、ではどうしたらその理想の大人の男性像に近づけるのでしょうか?

今何を選ぶかが、理想の大人の男性へ続く道

例えば副業は今の自分の生活を楽にするためと同時に、自分のスキルアップや、老後の自分の生活を豊かにできそうなものを選ぶ。日々の生活の中でも、レストランを選ぶときに、ただ美味しくて楽しいお店を選ぶのではなく、一緒に食事する人との関係をより深めるための機会と捉えてお店を選ぶ。そのときに正しい選びができるように、政治経済の動向からトレンドまで情報にアンテナを張る。自分の行動の結果がどう未来の自分につながるかを想像しながら選んでいくことで、理想の男性像に一歩ずつ近づいていきます。

大人の男性とは、自分の理想像、将来をきちんと思い描き、そこに至るための道筋をわかって、努力を続けている人ということになるのではないでしょうか。

理想の大人の男になるための必須条件「資産形成」

とはいえ、今はまだ理想像がはっきり見えてこないという人もいるかもしれません。そんなとき、この先どんな理想を描くことになったとしても必要となるのが「資産形成」です。誰にも平等に訪れるのが老後。その老後に、理想の生活を送るためには、心だけではなくお金の余裕がかかせないからです。

30代は、人生の中でも仕事に打ち込み、私生活も充実する時期ですが、老後まではまだ時間があるために、つい資産形成を先延ばしにしてしまいがちです。しかし、40代に入ると、子供の教育費や、住宅ローン、親の介護費用などで、支出は大きく膨らみ、資金的な余裕が少なくなります。

そして年を重ねるにつれ、新たなことに挑戦する気力も体力も衰えていくもの。資産の運用という、投資商品を検討したり手続きをしたりという作業は、体力も気力も充実している30代で始めるのが適していると言えます。今からまず第一歩を踏み出して、長い時間を使って投資を行うことで、将来の自分の生活をよりよいものに作っていくことができます。

政府の言葉に見る、資産形成を今すぐに始めるべき理由とは

日本政府は『平成27事務年度 金融レポート』の中で「貯蓄から資産形成へ」というスローガンをかかげ、NISA、つみたてNISA、iDecoなど、投資商品を使った様々な特例制度を打ち出し、現在50%強が預貯金に集中している日本人の個人資産を、投資へ向けることを推奨しています。それはなぜでしょうか?今後少子化により日本の人口が減り、高齢化により年金受給者の割合が増していくと、これまでのような年金制度の維持は難しくなっていきます。「だから老後の生活費は自分で資産形成をして備えてくださいね」、というメッセージなのです。そういった経済状況を理解している30代は、今、貯金に加えて、様々な商品に積極的に分散投資を始めています。

 

誰かが作ってくれる老後ではなく、自分が生きたい老後のために今から資産形成を始めること。人生の最終コーナ〜ゴールである老後まで、今の地点からどんな風に走りきるのか。そのためにどのような備えをするべきかを理解して、計画的な資産形成を始める。それが理想の大人の男性へのスタート地点なのでかもしれません。

次の記事では、そんな大人の男性に勧めたい投資について紹介します。

 

 

セミナーを確認する

セミナーを確認する

関連記事