資産運用

資産運用

サラリーマンだからこそ始めたい不動産投資

サラリーマンだからこそ始めたい不動産投資

今日多くのサラリーマンが、不動産投資を真剣に視野に入れ、具体的な準備を進めています。年金受給額の減額や受給開始年齢の引き上げなど、わが国の年金システムに不安が拭えぬ状況下、私たちは自身と家族の老後に備える、独自の対応が望まれているのもその一因でしょう。ここでは以下、初心者向けの不動産投資に関する基礎知識と、なぜサラリーマンにおすすめなのか、その理由などをご紹介します。

不動産投資の特長

不動産投資には他のさまざまな投資とは異なる、幾つかの特長がみられます。その代表的なひとつが、株やFXのように、逐一市場動向をチェックし続ける必要がない、手がかからないメリットです。パソコンの画面を常に睨み、瞬時の売買の判断が求められるこれらの投資スタイルは、確かにその醍醐味を味わえますが、本業の片手間で確実な利益をあげることは容易ではありません。最終判断が自身に委ねられるため、相応の専門知識も求められ、投資に専念できる時間と環境の確保が求められます。 対して不動産投資は、自身が所有する収益物件の入居者の家賃が、家主である投資家の収益となります。共同住宅の場合、総戸数から満室状態での月額の上限が算出できます。これに基づき慎重な投資計画を立て、実際の管理を専門業者に一任しておけば、基本的には黙っていても毎月の収入が手元に届く投資です。収益物件購入に際して組んだローンの支払い額を、確実に望める入居者数から算出した月々の家賃収入で相殺すれば、これを上回る部分が、完済前の段階から手元に残ります。 また他の投資とは違い、国が唯一事業と認める投資スタイルであり、金融機関からの資金借入に関しても、不動産投資目的の融資サービスが用意されています。株やFXなどへの投資を理由に借り入れる場合、利用目的を問われないフリーローンなど、資金調達ルートが制限されるのが現状です。

 

サラリーマンにおすすめの理由

不動産投資がサラリーマンにオススメの理由として、安定した給与所得が見過せません。金融機関は信用できる人物にしか融資を行わず、安定収入のあるサラリーマンの信用力がこの場面で活きるのです。どれだけ表向き派手な活躍と映る個人事業主でも、金融機関が基準と定める信用力は、サラリーマンには遠く及びません。収益物件をローンを組んで確保する際に、サラリーマンであるという事実が、大きな後ろ盾の役割を果たしてくれます。 次に決まった休日を不動産投資業務に充当できる、規則正しいライフスタイルも大きな武器となります。変則的な勤務シフトや、自営業主のように実質年中無休の環境では、本業と投資家としてのもう一人の自分との「切り替え」が難しくなってしまいます。それぞれのオンとオフを明確にすることで、本業と投資双方に専念できる環境もまた、サラリーマンに与えられた特権といえるでしょう。

 

まずは基礎知識の確認と情報収集から

サラリーマンという社会的地位のメリットを活用できる不動産投資は、最も堅実な投資スタイルのひとつです。本腰を入れて準備を進めるのであれば、まずは正しい基礎知識を、焦らず着実に身につける予習と、関係する資料や情報の確認作業からのスタートをおすすめします。信頼できる管理業者や専門家のサポートを仰ぎつつ、堅実な収益物件の経営を維持できれば、中長期的な安定収入の確保を始め、そのメリットは計り知れません。

セミナーを確認する

関連記事